R

1/2ページ
R

Rのdplyrを使った集計(簡易版)

顔妻です。 非常に遅ればせながらdplyrについて書いていきたいと思います。実は巷の好印象とは違ってあまりよい印象を持っていませんでした。というのも、なんだかんだでDBからデータ抽出をするときはSQLだし、またいろんな方法を覚えて実施するなんて非常に面倒だと思っていました。ただ、この見解が本当に誤りだと気づいた反省も含め記載していきます。 利用するデータ year month ShopName S […]

R

【Mac】Rで作ったグラフの文字化けを解消する

顔妻です。 今回はmacでRを使っている場合の文字化け対策です。windowsでは問題ないのですが、Rをmacで利用すると文字化けすることがあります。豆腐が現れてしまったグラフを報告で使うとバツが悪いので解消したいと思います。 文字化けグラフ まずは標準搭載のグラフから。 [crayon-5c13699f017ee201311726/]     次はライブラリのggplot2で […]

  • 2018.03.28

Rを使ったクロス集計表の作り方・使い方②

顔妻です。 本日は以前に紹介したクロス集計の記事に続いて、連続量にカテゴリーのフラグを立てて集計する方法をご紹介したいと思います。これができるようになるとほとんどのデータをクロス集計として表現できるようになると思いますので活用してもらえたらと思います。

  • 2018.03.21

Rで行う回帰分析

顔妻です。 今回はRで回帰分析を実施してみたいと思います。特に全体像を把握するために実際の利用方法を一通りこなしておき、結果の読み取りは最低限にしたいと思います。

R

Rの基本的なグラフの作り方

顔妻です。 Rの標準パッケージで作成可能なグラフを作って行きます。「箱ひげ図」「ヒストグラム」「散布図」この三つが出来ればRを基礎的に使う分には問題ないと思いますので参考にしてもらえたらと思います。

  • 2018.02.07

Rを使ったクロス集計表の作り方・使い方

顔妻です。 今回はアンケート調査で特によく使われるクロス集計についてです。Excelではピボットテーブルの機能を使って作成する方もも多いと思いますが今回はこの手法のRでの作り方、使い方について説明しよう思います。

R

相関係数の作り方、使い方

顔妻です。 今回は相関係数についです。2変数の直線的な関係性を定量化するこの値についてRを使った計算方法や使い方について説明したいと思います。また、相関係数ではなぜ因果関係を伝えることができないのかについても触れていきます。

R

Rの基本的な計算とデータハンドリング

顔妻です。 今回はRの基本的な計算とデータハンドリングについてご説明します。こちらも以前のようにRStudioの超基本操作説明と同様にプログミングの経験がなかったり、Rにほとんど触れたことのない方を対象にしています。これから説明することはみるだけでも理解できることが多いですが、プログミングに不慣れな人は実際に手を動かしてみると様々な気づきがありますので是非実際に手を動かしてみてください。

  • 2017.11.08
  • ,

RでSQL記法を使った集計を行えるパッケージのご紹介

顔妻です。 今回はRでSQLの記法を使って集計することができる、sqldfというRのライブラリについてです。 私の会社もそうですが社内に溜められているログは商用のAWSやGCPやオープソースのPostgreSQL、MySQL等で管理されていることが多いのではないでしょうか?そのような環境の中で必要な分のデータだけを抽出することも多いと思います。そして、Rには集計のための優れたパッケージが多くありま […]