R

1/2ページ

Rのround関数、trunc関数を使って年代ラベル作成

顔妻です。 今回はRでデータ処理を行なうときのユーザーの年齢データを年代ラベルに変換する方法をご紹介します。Excelではround関数一択で年代ラベルを作成できますがRでround関数を使うと切り捨てがうまくいきませんので別の関数を使う必要があります。また、今回は10歳刻みだけではなく5歳刻みに変更する方法もご紹介します。

R

ggplotで作成したグラフにデータラベルをつける

顔妻です。 今回はExcelで言うところのデータラベルの付け方についてです。グラフを作成して傾向を確認できたはいいものの値やテキストのラベルがないとわかりにくいことが多々あります。そんなときに是非使ってみてください。また、今回はテキストを利用しますのでmac版、windows版のそれぞれコードを記載しています。

R

tidyrを使った縦横変換

顔妻です。 今回はtidyrを使ったデータテーブルの縦と横の持ち方変換についてです。SQLやdplyrを使って集計したはいいものの、この結果をそのまま見せるとどうしてもみにくかったりします。どうしても一般的なクロス集計表の見方と異なるのは不便ですので、これを見やすい形に変えてみましょう。また、あまり使わない人も多いと思いますので是非手を動かしながら試してみてください。

R

dplyrのfilter関数を使った行の絞り込み方[文字列の部分一致]

顔妻です。 今回はdplyrのfilter関数を使ったデータテーブルの絞り込み方法についてです。SQLのwhere句のように簡単に絞り込みをしたいシーンがあると思います。また、値の比較だけではなく、部分一致で絞り込みたいときもあると思います。正規表現を使う方法もありますが今回はExcel感覚で部分一致ができる方法を紹介します。

R

dplyrのlead関数、lag関数の使い方

顔妻です。 今回はdplyrを使ったlead関数、lag関数の使い方です。 データテーブルの行列入れ替えを行うと大変な作業になるけども、行の前後の値を使って比較評価を行いたときがあると思います。sqlにあるOLAP関数のlag関数、lead関数と同じような使い方できますので行の前後の値を使ったり、並び替えを行ってうまく別の使い方をしたりしてみてください。

R

Rのdplyrを使った集計(簡易版)

顔妻です。 非常に遅ればせながらdplyrについて書いていきたいと思います。実は巷の好印象とは違ってあまりよい印象を持っていませんでした。というのも、なんだかんだでDBからデータ抽出をするときはSQLだし、またいろんな方法を覚えて実施するなんて非常に面倒だと思っていました。ただ、この見解が本当に誤りだと気づいた反省も含め記載していきます。 利用するデータ year month ShopName S […]

R

【Mac】Rで作ったグラフの文字化けを解消する

顔妻です。 今回はmacでRを使っている場合の文字化け対策です。windowsでは問題ないのですが、Rをmacで利用すると文字化けすることがあります。豆腐が現れてしまったグラフを報告で使うとバツが悪いので解消したいと思います。 文字化けグラフ まずは標準搭載のグラフから。 [crayon-5deb08b8742df308061299/]     次はライブラリのggplot2で […]

  • 2018.03.28

Rを使ったクロス集計表の作り方・使い方②

顔妻です。 本日は以前に紹介したクロス集計の記事に続いて、連続量にカテゴリーのフラグを立てて集計する方法をご紹介したいと思います。これができるようになるとほとんどのデータをクロス集計として表現できるようになると思いますので活用してもらえたらと思います。

Rで行う回帰分析

顔妻です。 今回はRで回帰分析を実施してみたいと思います。特に全体像を把握するために実際の利用方法を一通りこなしておき、結果の読み取りは最低限にしたいと思います。