2/4ページ

2/4ページ

2018年7月の振り返り〜スタートアップを退職しました〜

顔妻です。 スタートアップに参画して早3ヶ月目というところだったのですが転職いたしました。3ヶ月という短い間でしたが個人的にはかなり濃い時間とすることができたので人生の備忘録も兼ねて振り返りをしようと思います。 このブログの経歴にも書いているのですが私はスタートアップの前はアドネットワークの会社でデータサイエンティストをやっていました。 といっても世間で輝くようなキャリアを積んできたわけではなく、 […]

  • 2018.07.07

携帯型ホワイトボード利用のすゝめ

顔妻です。 最近買ったバタフライボード2が非常に便利だったのでご紹介です。 私の普段の仕事的にはパソコンを使うことがメインではあるのですが、 企画資料やふんわりした発想をまとめるときにはよく紙を使っていました。

  • 2018.05.30

pythonのインストールとデータ分析環境の構築

【ゼロから始めるデータ分析】 ビジネスケースで学ぶPythonデータサイエンス入門 顔妻です。 今回はpythonのインストールと最低限の分析環境の構築を行おうと思います。 私自身はずっとRを使っていたのですが以下の記事をみてもう世間の流れには勝てないなという印象を持ってしまいました。少しだけ触ったことがあるのですが、これを機にpythonでのデータ分析もしっかりと使えるようになろうと思います。 […]

  • 2018.05.02

数字の取り扱いの難しさ

顔妻です。 先日とある方と話をしたことについて非常に共感したので備忘録です。 内容は表題のとおり数字の取り扱いの難しさについてです。 お話をした相手は初対面だったのですが、データ分析ってキワモノだよねーっていう話になりました。とはいえ、その方自体はおそらくデータ分析にかなりの信頼を置いていてご自身もゴリゴリできる方であったに違いない人でした。

  • 2018.03.28

Rを使ったクロス集計表の作り方・使い方②

顔妻です。 本日は以前に紹介したクロス集計の記事に続いて、連続量にカテゴリーのフラグを立てて集計する方法をご紹介したいと思います。これができるようになるとほとんどのデータをクロス集計として表現できるようになると思いますので活用してもらえたらと思います。

  • 2018.03.21

Rで行う回帰分析

顔妻です。 今回はRで回帰分析を実施してみたいと思います。特に全体像を把握するために実際の利用方法を一通りこなしておき、結果の読み取りは最低限にしたいと思います。

データのさまざまな尺度と意味

顔妻です。 ふとした瞬間に忘れてしまいそうですが知っておくと非常に大切な概念であるデータの種類について説明していきます。データの種類がわかったところで何の役に立つのかと思う方も多いと思いますが、どのような分析手法を適用するのかを理解するために必要な概念ですのでしっかり理解をしてください。

R

Rの基本的なグラフの作り方

顔妻です。 Rの標準パッケージで作成可能なグラフを作って行きます。「箱ひげ図」「ヒストグラム」「散布図」この三つが出来ればRを基礎的に使う分には問題ないと思いますので参考にしてもらえたらと思います。

  • 2018.02.28

信頼区間の使い方・利用シーン

顔妻です。 みなさんは信頼区間というものをご存知でしょうか?標準誤差やサンプル誤差と言われれば聞いたことのある人も多いのではないかと思います。アンケート調査を設計するにあたって非常に大事な点のひとつであるサンプルサイズの設計に必ず使われるこの方法について今回は説明をしたいと思います。

  • 2018.02.26

Rの基本一覧

Rのインストール~基本設定 RとRstudioのインストール Rstudioの超基本操作 Rの基本操作 Rへのデータのインポート、エクスポート方法 Rの基本的な計算とデータハンドリング クロス集計表の作り方・使い方 Rの基本的なグラフの作り方  

1 2 4