Rstudioの超基本操作

Rstudioの超基本操作

顔妻です。

今回はRstudioの超基本的な操作についてです。「R」や「RStudio」を初見の方やプログラミングなんてしたことないような方を主な対象として説明していきます。また、今回はRstudioをどうやったら動こくのかの肌感覚を掴むことを目的としますので、かなり大雑把に書いてあります。あらかじめご了承ください。

今回もRstudioの利用を前提としていますのでDLしていない方はこちらを参考に準備をしておいてください。

また、Rをインストールした方は以下にRを使った基本的な可視化や集計方法をまとめていますので参考にしてください。

Rの基本一覧

Rstudioの立ち上げ~新しいスクリプトを開く

このブログでRstudioをインストールしている方はデスクトップに以下のデザインでショートカットができていると思いますので立ち上げてください。もし、ショートカットが出ていない方はファイルの検索やインストールしたアプリの一覧に「Rstudio」があると思いますのでそちらから立ち上げてください。

主に画像を利用しながら説明をしていきますが、画像サイズが小さい方は画像を選択していただくとある程度大きくなりますので必要な方はご活用ください。

 

Rstudioを立ち上げたら、まずは以下の赤矢印で指している「R Script」からスクリプトファイルを開いてください。(手順はツールバーの「File」⇒「New File」⇒「R Script」)

 

上記の実行後以下の画面のようになっていると思いますが、もしかしたら表記の順番や位置が違う可能性がありますので、適宜確認をしてください。

 

Rstudioのパネルの意味説明

それでは、先ほどの続きとして各パネルの本当に必要最低限で大まかな説明は以下です。他にも便利に使える機能はありますが、最低限動かすことができるのに必要な知識だけお伝えします。

①スクリプト

②コンソール

③グラフの表示

④保存されているオブジェクト(ファイル等)の確認

 

 

それでは、画像を見ながら実際に各画面を実際に使ってみましょう。

①スクリプト

スクリプトはRで実行したいプログラムを記載して保存しておく場所になります。

プログラムというと一度にたくさんのコードを書いて実行するイメージがあるかもしれませんが、RStudioでは分析結果を確認して、その結果を基に新たな分析コードを書くといった対話的なデータ分析がしやすいように指示を出すところと結果が出力される場所が分れています。

試しに以下の手順を踏んでRのプログラムを実行してみましょう。

  1. スクリプトに「iris」と入力
  2. 入力した「iris」の文言をドラッグ
  3. ツールバーの「Code」⇒「Run Selected Line」(「Ctr + Enter」のショートカットキーでも代用可)

いかがでしょうか?実行した結果が②のコンソールに出力されましたか?コンソールへの出力結果はお使いのPCの画面サイズに異なりますので全く同じではないことの方が多いと思いますが、数字の列がたくさん出ていれば、うまくいっていると思います。ちなみに、この「iris」はRに標準で組み込まれているデモ用のデータです。

 

②コンソール

「①スクリプト」でも少し触れているので想像できるかもしれませんが、コンソールはスクリプトに記載された実行結果を反映するところになります。

こちらに直接コード記述して実行することも可能ですが、分析指示(コード)の再現性を高めるためにもスクリプトに記述して保存することをおすすめします。

 

③グラフの表示

本当に大まかな説明ですが、ここは作成したグラフを表示する場所になります。試しに以下のコードをスクリプトに記載して実行してみてください。(Rでは「#」を実行したいプログラムと違い、コメントアウトというメモの文章を書くときに使います。)

いかがでしょうか?上記と同じような散布図行列が「③グラフの表示、パッケージインストール」に出力されていればうまく実行できています。

また、RStudioは分析を進めていく上で非常に便利な機能の一つとして、出力した画像の保存はもちろん、Clipboardに保存してExcelやPowerpointへの貼り付けが容易です。

 

④インストール、加工したオブジェクト(ファイル等)の確認

Rでは、インポートしたデータや、集計した結果をオブジェクトに保存します。オブジェクトのしっかりとした概念や使い方は別途調べて頂くとして、ここでは結果を入れる箱のような入れ物のようなイメージでいてください。

それでは、以下のコードをスクリプトで実行してみてください。

うまく実行されていれば赤枠内のように「TestData」がオブジェクトとして保存されいるはずです。

そして、これの何が便利かというと、データ分析では集計結果やデータを都度確認したくなることもよくあるので関数を使わず都度の確認ができ、さらにオブジェクトを選択してクリックするとデータの一覧がプレビューできるため重宝します。

 

スクリプトの保存方法

若干、蛇足な気もしますがスクリプトの保存はツールバーの「File」⇒「Save」で行えます。また、「Save as 」は上書き保存と同じような機能になります。

ちなみに、どんなに優れた分析結果を出せたとしても、それまでのプロセスの透明性や再現性が確保されていなければ分析を行った意味がなくなってしまいます。ですので、分析のためのコードは必ずスクリプトに記載して保存をするようにしましょう。

 

Rstudioの超基本操作のまとめ

本当に基礎的なことばかりでしたが私自身は初めてRstudioを触ってみたとき本当に苦労をしました。理系でも周りにエンジニアの知り合いがいるわけでもなんでもなかった私は統計やデータ分析をやってみたい気持ちでRに辿り着いたのに全く動かせず本当に手探りで大変な思いをしました。そんな思いもあって、もしも、あのときの私と同じような境遇にいる人にとって、この説明がとっかかりになれば本当に幸いです。

 

Rの基本カテゴリの最新記事