日本の平均転職回数

あなたは転職したことはありますか?身近な人の中にも転職をしたことのある人がいるのではないでしょうか。だんだんと転職は一般的なことになってきましたが、日本の中ではどのくらいの転職が行われているのでしょか。今回は厚生労働省の「転職者実態調査」を基に調査してみました。

日本の転職平均回数と回数別の構成比

  • 平均転職回数は2.8回

転職経験者は平均すると約3回転職したことがあるようです。

転職回数別にみると1回が最も多いですが、2回、3回は同じくらいの人数がいるようです。そして6回以上という人が1割もいるというのは意外ですね。

年齢別の平均転職回数

年齢があがるにつれて転職回数は増えていっています。ただ、50歳を超えると減少してくるのでバブル当たりの世代ではやはり転職は一般的ではないのかもしれません。一方で転職すること自体が一般的になってきたとも言えるかもしれません。

年齢別の転職回数別の分布

20代が終わった30代になると転職回数が2回を超える人が増えるようです。いつでも求人サイトに登録できるように履歴書を整理しておいてもいいかもしれません。

データの出典

平成27年転職者実態調査 e-stat