RのCSV出力の方法

顔妻です。

RからCSVデータを出力する方法のご紹介です。非常に簡単な方法でできますので試してみてください。

テストデータ作成とデータエクスポート

# テストデータ作成
export_data <- data.frame( no = c(1,2,3), col = c(“A”,”B”,”C”) )

# データエクスポート
write.csv(x = export_data, file = “desktop/exportdata.csv”)

初心者の方がつまづきやすいのが、「”desktop/exportdata.csv”」の部分です。

こちらにはデータを出力したいフォルダのパスとファイル名を記載する必要があります。windowsであれば「C:」から始まるパスを記載するのがよいでしょう。

また、初心者の方はわからないことの方が多いと思います。以下に参考リンクをまとめたものがありますので是非参考にしてみてください。